「工務店に頼らない家づくり」にチャレンジしてみませんか? イエヒトの「オープンシステム」とは「思いがかなう家づくり」を楽しみませんか?

家族の夢、家づくり。どんな家を建てようか、どの業者に頼もうかと、頭を悩ませるのも楽しいひとときかもしれません。さて、マンションや建売物件ではなく、「自分の家を建てる」場合は、基本的に以下の3つの方法に分けられます。

家づくりの選択肢

設計や施工をすべて工務店にお任せし、依頼主は「ベルトコンベア」に乗せられたまま進む、という家づくりが現在の主流です。でも、この方法で依頼主が本当に建てたいと思っている家が実現するかどうか、ちょっと不安を感じるという方もおられるのではないでしょうか。また、建築家に頼むとコストがちょっと...と心配にもなりますね。


提案、あなたが主役のオープンシステム

そこでご提案したいのが、3の方式。これは、依頼主が建築家のサポートを受けて専門業者を選定し、個別に契約するもの。依頼主が「工務店」の役割を果たすことになるわけですから、意向が直接現場に届き、希望に沿った家づくりができるはずです。しかも、直接発注だからコストも削減!分離発注方式の「オープンシステム」は、そんな発想から生まれました。工務店に頼らなくても家は建つ。従来の常識を超えた発想で、私たちイエヒトと一緒にあなたの思い描く家を創ってみませんか?

工務店への発注とオープンシステムとの比較

工務店への発注方式

工務店やハウスメーカーと契約しても、実際に工事を行うのは下請業者(専門業者)。下請業者の工事代金に約30%の元請管理費が上乗せされて依頼主に提示されます。

オープンシステム方式

建築家(設計事務所)に工事全般の監理業務を委託。そのうえでそれぞれの専門業者と依頼主が建築家のアドバイスを受けて直接契約するため、管理費や経費が上乗せされることはありません。

オープンシステムでは工務店が上乗せしていた管理費や経費がなくなり、建築家に支払う設計監理費に一本化されますから、工事費用そのものが大幅に削減できます。

工務店への発注とオープンシステムとの比較の図
家づくりに欠かせない専門工事業者の選定に依頼主が関わることで、 文字通り「価格が見える」家づくりが可能に!

工務店発注とオープンシステムとの違いは

比較項目 従来の工務店発注方式 オープンシステム方式
工事の契約関係 依頼主と工務店が一括契約 依頼主と専門工事業者が個々に契約
建築の主導権 工務店主導で進む 依頼主主導で進む
建築家の立場 工務店の社員として会社の利益を優先 依頼主のパートナーとして、依頼主のために行動
専門業者の立場 工務店と契約するので、下請業者 依頼主と契約するので、元請業者
建物の特徴 工業化志向、合板やビニルクロスが多い エコ志向・自然志向、
無垢の木材や塗り壁が多い
業者倒産リスク 多くの下請け業者が工事代金を受け取れず、工事続行が不可能になる場合が多い 一部業者が倒産しても工事代金の過払いは発生せず、倒産した業者の入れ替えで工事を続行できる
地域性 日本だけこの方式に偏っている
欧米では珍しくない方式
時代性 閉鎖的で古い体質 透明性の高い新しい方式